FC2ブログ
#acr
・――――福島の家づくりはここから――――・
▼詳しいイベント情報は▼
top_1.jpg
お客様窓口 ⇒ TEL0120-573-556
・―――――――――――――――――・

公式ホームページはこちら

・―――――――――――――――――・

会社案内と事務所までの地図はこちら

外壁 塗り壁 が 当社 じゃ標準の意味!2

2018.11.26.Mon.17:45

タイル貼りは?

タイルは高価な外壁です。

一般的には

見た目にもいいですし

いい外壁です。


サイディングより長持ちです

塗り替えもほとんど無い

しかし「東北」には向かない。


もともと

タイル貼りは高価なメンテナンスが必要な

外壁でした。

それは

外壁にモルタルで張り付ける

湿式工法と言われる方法です。


タイルはそもそも結構重量があります。

焼き物ですから。


そして開発された

それらの欠点を無くしたのが

乾式工法と言われる方法


サイディングを張り、そこにレール上の

棒をビス留めして、そのレールにタイルを

引っかけ止めていく工法。


とても時間がかかる方法で

住宅には現実的で無い

もしこれで安いとしたのならば

専門家から見たら

どれほど安い材料を使ったのだろう?

疑いたくなる。


なぜなら本来サイディングだけで行う

外壁に、更にタイルを施すのですから

2重の手間になる


そういった物が安くなるとしたら・・・


その様に考えるからです。


モルタル+塗装


塗り壁の代表的な工法です。

このモルタルの素材が

たくさんあります。


基本的にはセメントでつくられる

モルタルには、塗装を行います。


セメントを外壁に塗り

その上に塗料を塗ります。


これはが、サイディングの原型

なんでしょう。


この方法では、先に書いた

サイディングの塗り替え工事と

同じ状況となる為

おおよそ5年~8年で

塗装の塗り替えをしなければならない。


私はおもいます

なぜ?これだけ技術の発達している

日本において、住宅の外壁には

進歩が無いのか?


その理由は・・

NEXT記事 ⇒ その理由と解決方法


株式会社A.C.Regalie

中澤達浩




コメント

管理者にだけ表示を許可する